バンライフ入門におすすめなのはこのクルマ 

ハイエース ライフスタイル
スポンサーリンク
スポンサーリンク

二人以上でバンライフを始めるなら中古のハイエースがイチオシ

これからバンライフを始めるご家族や御夫婦へおススメのクルマをご紹介します

巷では軽キャンが旋風を巻き起こしていますがここでは大きいサイズのクルマをおススメします

それはハイエース・スーパーロング・ハイルーフ仕様です

最初からあんなに大きいのはどうかな?と思うかも知れませんが以下の理由からおススメします

〇二人以上でのバンライフは着替えなど荷物も意外に多く十分な生活空間が必要

〇整理された状態だけをイメージしがちですが実際生活すると想像以上に空間が狭くなる

〇旅の疲れを癒す睡眠のための就寝スペースこそ大切な空間であり手足を伸ばして寝れることは大事

〇パワーと経済性に優れるディーゼル仕様が存在する

〇DIYが比較的容易にできる

実際に旅に出ると雨の日もあったりと車内で過ごす時間は意外に長いものです

普通免許で運転できる最大サイズのハイエースが最適です

ということでベストチョイスは スーパーロング・ハイルーフ仕様です

ハイエース
もとは教習所の送迎車だったハイエース

大きく感じるボディーですが慣れれば意外に取り回しも楽です

左の巻き込みにはやや慣れと注意が必要かも知れませんが(*ノωノ)

2021年現在コロナの影響でレンタカーなどが大量に放出されていて在庫は豊富でお値段も手ごろ感あります

わが家はちょっと致し方ない訳があって15人乗りのコミューターを構造変更しましたが

コレはぜったいにおススメしません

陸運局でできるはずの構造変更が自分では行えず想定外の出費と時間がかかりました

多少お買い得な車両があっても絶対におススメしません(キッパリ(‘ω’)ノ

わが家の場合は夫婦二人と愛犬の旅を前提に設計しました

〇リビングと独立した常設ベッド

〇ワンコのためのウッドフロアー

この二つが絶対条件でした

愛犬と旅するためにバンライフを始めたので広めのリビングが必要でした

こんなシートが(*ノωノ)

シートを一列外してリビングのシートとして二列目を残しました

それより後部の二列7人掛けシートを撤去して常設ベッドのスペースを確保しています

縦横180センチほどの広々したベッドとなっています

壁に窓も設置しました これで乗車定員5人に構造変更済み

ビンテージのチークテーブルを加工してセットしています

ワンコのハウスはテーブルの下に挿入しました

シートを一部残して撤去 この時点ではまだ壁は施工していません

レイアウトの詳細は別の記事に書く予定ですのでお待ちください(^_-)-☆

家族構成で設計を考えるのも楽しいですよね

二段ベッドを配したりフロアを使用すれば小さな子供さんなら2人までは大丈夫でしょう

テントのような空間と考えればいい発想ができるのではないでしょうか

なんといってもスペースは広大ですからね

テーブルを外に出して五月の快適なバンライフ

キャンピングカーとの違いは過剰な装備のないところです

タープとテントのように考えるとよいと思います

またホテルなどでは条件が限られるワンコとの旅が簡単に快適に実現するのも魅力🚐

我が家はワンコと気軽に旅をするためにバンライフをはじめました

ですから内装も装備も必要最低限でシンプル 豪華な装備やシステムがない潔さ

またそれがバンライフらしいと考えます

愛犬家にはバンライフをおススメします

広告や溢れる情報に翻弄されることなくバンライフの本質を考えることが大切ではないでしょうか

コメント

タイトルとURLをコピーしました