リーバイス

リーバイス

 ワンオフメーカー【B.O.T】ブリッジオブザタイムズの大戦モデルの経年変化  究極のレプリカジーンズ

ジーンズ界のビスポークともいえる竹永正俊さんのB.O.T=ブリッジオブザタイムズ。 現在は2021年10月から製作を開始した大戦モデルを中心にユーザーのオーダーによって37モデルや47モデルも製作されています。 ...
リーバイス

1940年代までの501XX サイドステッチ編

いまや目にすることもなかなか叶わない1940年代の501XX(*ノωノ) 今回はサイドステッチについて見てみます👀 ウエアハウスで検証する1940年代までの501XX サイドステッチ編 1940年代までの501X...
リーバイス

究極のレプリカジーンズ  501XXの完成形と賞される47モデルを再現したデッドストックブルー1001XXは直営店限定モデル

501XXの歴史を紐解くと必ず心奪われるのが47モデルでしょう。 長い501XXの歴史の中で「完成形」と賞される501XXの47モデル。 1945年から1952年くらいまでの期間に製造された片面だけに刺繍されたタブを持つ501...
リーバイス

ウエアハウス デッドストックブルーでもっとも古いモデル  DSB1004XX 1936model

2022現在6本のラインナップを擁するウエアハウスのデッドストックブルーレーベル👀 この記事はデッドストックブルーで唯一のバックルバックのモデルとなる1004XXを解説しています(2022春まもなく大戦初期の1941modelが発売...
リーバイス

大戦モデルファン必見 これが「本物の大戦モデル」80年前の姿そのままのリーバイスオリジナルヴィンテージS501XX

本物のリーバイスオリジナル大戦モデルは最近は資源枯渇で市場にはほとんど出回らなくなりました。ネットでもほぼデッドストック状態の完璧なS501XXを見ることは少ないですがこの記事ではじっくり細部までご紹介しています。
リーバイス

デッドストックブルー大戦モデル【ウエアハウス】300日の経年変化と色落ち

【ウエアハウス】デッドストックブルー大戦モデル300日の経年変化と色落ちをリーバイスのヴィンテージ大戦モデルと比べながら見てみました。
リーバイス

リーバイス大戦モデルS501XXのシルエットは本当に太いのか

この記事では「リーバイス大戦モデルのシルエットは本当に太いのか」と題して大戦モデルの生産背景からスリムで股上の浅い大戦モデルは存在するのか大戦モデルの多様性について筆者の見解をまとめてみました。
リーバイス

ヴィンテージオリジナル大戦モデルに見る理想の色落ちと経年変化

ヴィンテージデニムの最高峰とされる501XX。さらにその中でも特別な存在であるリーバイス大戦S501XX。オーラ満載の経年変化に秘められた生い立ちを推察しました。
デニム

47モデル初期型まで見られる極太のベルトループ

47モデルの初期型までみられる極太ベルトループとはどんなものでしょう。
ウエアハウス

デッドストックブルーの大戦生地の経年変化を検証する

ウエアハウス・デッドストックブルーの生地についてヴィンテージの再現という観点から検証してみました。現在販売されているレプリカジーンズのなかでは40年代のヴィンテージにもっとも近い風合いを再現している思います。
タイトルとURLをコピーしました